人生の岐路

人生の岐路

おはようございます、Kです。

久々に時間ができたのとブログを書きたくなったので現在置かれている状況を踏まえ綴ります。

人生の岐路とは?

き‐ろ【岐路】

道が分かれる所。分かれ道。
将来が決まるような重大な場面。「人生の岐路に立つ」
本筋ではなく、わきにそれた道。
https://kotobank.jp/word/岐路-480587

正に2番の状況です。

少し脱線しますが人生の岐路というとこの歌を思い出さずにはいられません。埋込できなかったのでリンクからご覧ください。

さて、本題に戻りますと岐路に立って大きな決断をしたのは2度目になります。

①銀行を退職(2016)

②コンサル会社を退職(2019)

得るものも大きいが、失うものやリスクが伴い、皆様も判断を迷われることも多いと思います。

そんな状況下で、自分の判断基準としては

『心が動く方の道へ進む』と決めています。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking.

Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

-Steve Jobs –

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

結局、答えは常に自分の中にある。自分自身と正直に向き合えるかが重要だと考えてきます。

自分もいつか退職するとは思っていましたが、なぜこのタイミングななったのか…

一言でいうと

『風が吹いたから』

迷っていた時に相談に乗ってくれた方、背中を押してくれた方、支援をかって出てくれた方…

もはや、やらない理由の方が無かったのです。

もっと力をつけてから、辞めるという選択肢もありました。しかし、チャンスはある日突然やってきて判断を迫られる…

一度、進むべき道を決めたらもう迷いませんでした。もちろん会社や家族から止められました。しかし、そこで志を曲げることは応援してくれた人を裏切ることになります。

過去の経験上、リスクを取ると予期せぬ形で追い風が吹くことがあります。今まさにそういった状況です。

私は、7月に起業します。

大企業の後ろ盾や安定した収入源はありませんが目の前の案件にがむしゃらに取り組んでいきたいと思います。

きっと沢山失敗することもあるでしょう。

失敗を恐れず、手数を出すことで沢山の失敗の中から一握りの成功を掴み取りたいと思います。

新しく設立した会社(2019.5.5 追記)

EXPACT株式会社というベンチャー・スタートアップの資金調達を支援する

会社を設立しました。

Vision

起業家の資金調達にフォーカスし、ハンズオン支援を行うことで地方ベンチャーの資金調達を円滑にする。また企業の存在意義を再定義し、社会に新たな価値を創出するベンチャーが世界へ羽ばたくための支援を行う。

事業概要

EXPACTは、ベンチャー企業の資金調達に特化し、ベンチャー企業の事業フェーズに応じた最適な資金調達手法を提案する。加えて、外部CFOとして事業計画の策定、Pitch資料の作成、補助金の申請書作成および補助事業の実行支援まで行う。

事業ドメイン
①ビジネスデザイン(経営企画)支援
②資金調達支援(銀行・VC・エンジェル)
③補助金獲得支援

顧客課題

地方ベンチャーにおける共通課題は、都内ベンチャーと比べて投資家との接点が少なくかつ対外的なPRが苦手な企業が多いため資金調達手段は銀行借入に頼るところが多い。一方、金融機関は、リスクマネーの供給先とはなれず、ベンチャー企業への資金供給が滞っている状況である。一方都内ベンチャーは、エクイティ環境が良いために、デットでの資金調達や補助金による資金調達をあまり行っておらず、上場時に創業メンバーの持ち株比率が著しく低くなってしまうケースも散見される。そのため、地方の有望ベンチャーを発掘しハンズオンで資金調達(エクイティ)支援を行うことで、地方発ベンチャーに更なる成長機会を提供する。都内ベンチャーにはエクイティとデットおよび補助金のベストミックスの資金調達プランを提案していく。

提供価値

金融機関に頼らない資金調達手段の提供、またエクイティによる調達はもちろんのこと株式型クラウドファンディングやソーシャルレンディング等新たな資金調達手段も積極的に取り入れることで事業フェーズに応じた最適な資金調達をデザインする。

こちらの会社も今後ともよろしくお願い致します。

最後に、VALU について

実は、確か昨年末くらいに会社から退会するように言われました。が、生活の一部となっていたVALUを辞めることは到底できませんでした。

私のススメで登録していた同僚はVALUを退会しました。私は、会社を退職する道を選びました。

どちらの道が正しかったのか、今はわかりません。でも、自分で判断したことだし後悔はしないと思っています。

やっと優待や投稿も会社の目を気にせず取り組めます!VALUERの皆様、今後ともよろしくお願いします。

2 件のコメント

  • 会社を退職し、色々と大変な事もあるかも知れませんが、私は必ずやVALUを選んだK@さんが成功される事を私は応援しております。
    私も数々の会社を転々とし、失った物のありますが、その歴史を経て今のVALUと私のVAを購入支援してくれているVALUERさんがいると思うととても凄い財産を得たような気がしてなりません。
    私も、まだまだ、頑張っていきますので、お互い頑張って行きましょう🙇🙇

    • セミ丸さん、コメントありがとうございます🙇‍♂️
      せっかくリスクを取ったので、やりたいことを思いっきりやりたいと思います❗️

      引き続き応援よろしくお願い致します🙇‍♂️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ベンチャー企業に対して資金調達から事業計画作成支援、販路開拓支援を行なっています。地方から全国、そして世界に羽ばたくベンチャー企業を創出します!